【au系】auのスマホ対応格安SIM2社「mineo」「UQmobile」比較

menu

【au系】auスマホ対応!使える格安SIM・MVNO.com

auのスマホ対応の格安SIMがない?⇒「いいえ」。数は少ないですが2015年現在「2社」あるんです!「mineo」と「UQmobile」というau回線を使ったau系のMVNOがあります。auユーザーさんの通信費節約の参考になれば幸いです。

auユーザーが使える「mineo」と「UQmobile」

au系格安SIM
私は以前auのスマホを使っていたのですが、
現在は同じ機種で「au系の格安SIM」を使っています!

毎月のスマホ代が約5000円⇒1000円台に。

多くの人は、auで購入したスマホで
「格安SIM」が使えることを知らないようです。

当サイトで使う「格安SIM」と「MVNO」という言葉は
大体同じ意味で理解していただければ幸いです。
用語解説:格安SIMとは?MVNOとは?

簡単にメリットを説明すると、
今あなたが使っているauで購入したスマホの月額を
グーッと下げることができるプランが存在します!

「え?ドコモとかソフトバンクの人は格安SIMが使えるって聞いたけどauもあるの?」
⇒はい、あります。

ただ、ドコモの回線と異なった通信方法を採用している
auで使える格安SIMは限られています。

それが「 mineo」と「 UQ mobile」です。
このページでは、

  • au系の格安SIMを使うとどう変わるのか?
  • au系の格安SIMのメリット
  • mineo、UQmobileどちらを選ぶべき?
  • au系格安SIMを使ってさらに電話代を節約する方法

をご紹介していきたいと思います。

しっかり調べて書きましたので長くなってしまいますが、
「毎月安くスマホを維持できる方法」
なので楽しんで読んでいただければ幸いです。

au系の格安SIMを使うとどう変わるのか?

auプラン高い
今現在使っているau回線ではauスマートバリューに入って
2年間の縛りありのプランで月5000円台くらいがメジャーなプランのようです。

私はすべてのプラン設定を把握しているわけではないのですが、
オトクなプランだとスーパーカケホ+データ定額プラン
などが多くの人の選択される料金プランだと思います。

データ定額3GBを入れると、4200円/月かかるそうです。

しかし同じ3GBをau系格安SIMである「mineo」に変更すると
音声通話有のプランでも月1510円になります。

auからau系の格安SIMに移行する最大のメリットは、
スマホの月額がおどろくほど安くなることです。

月に2000円くらい節約できると、1年で24000円もトクしていることになります。

格安SIMを知らない人とau系の格安SIMを使えている人で
ここまでお財布事情に影響してくるというのは大きな特徴ですよね。

au系の格安SIMのメリット

au系SIMのメリット
au系の回線を使った格安SIMには、大きなメリットがあります。

それは「回線が安定して、速い」ことです。

家電批評の「格安SIMがまるごとわかる本(晋遊舎)」の本の中でも
au系の回線は非常に安定しているということが書かれています。

格安SIMがまるごとわかる本 (100%ムックシリーズ)

新品価格
¥980から
(2015/11/11 08:37時点)

その書き方は「伏兵」と書かれるほどで、
多くの人は「ドコモ回線」のほうが速いと思っていたようです。

しかし速度と安定性で総合力があったのはau系のSIMでした。

考えてみると、au系の格安SIM
を使っている人は多くありません。

auスマホで格安SIMが使えるということを
知っている人自体が多くないんですね。

それで利用している人があまり多くない分、
MVNOの回線に余裕があるのでこういった結果になっていると思われます。

いまauのスマホやauのサービスを利用している人からすれば
格安SIMに乗り換えたからといって回線品質の低下はないと考えられます。

この点がau系のSIMを使うメリットだと言えますね。

今ドコモ系のSIMを使っていて、回線速度に不満がある人も
au系のSIMに替えられるのであれば安定すると思います。
(でもドコモのスマホでau系のSIMは使えないので注意)

mineo、UQmobileどちらを選ぶべき?

mineoかuqmobile
au系の格安SIMを提供しているのは2社しかありません。

mineo」か「 UQ mobile」の2つから選ぶ必要があります。

対応端末についてはほぼ一緒ですが、違うのは料金プランやサービス内容です。

私がいろいろ調べていて「こんな人はmineoを選んだほうがいい」とか
「こんな人はUQmobileのほうがいいのではないか?」ということがあったので
そのような考え方になってしまいますが、以下にその考え方を載せます。

ただ、もし「じゃあ管理人さんだったらどっちにする?」
と聞かれたら「mineo」にすると思います。

理由はいくつかありますが、ひとつには「mineoを使っている人のほうが多い」からです^^;

私もいろんな口コミや評判を参考にして、mineoのほうがいいと思っただけですので、
後はあなたご自身で「合っている」ほうを選択していただければと思います。

mineoを選んだほうがいい人

  • スマホ所持料金を最小限にしたい
  • 家族でデータ容量をシェアしたい
  • プランは細かく設定して無駄を省きたい

mineoなら月額使用料が激安に

mineoの特徴として、月額がデータSIMであれば最低料金700円から始められます。
これはUQmobileの最低料金980より280円安いことになります。

au系のスマホをもっている方が「スマホあまり使わないから、可能な限り月額を安くしたい」
という時にmineoを選択するとよいと思います。

家族割やパケットギフト

UQモバイルにないmineoのサービスが、
データ容量を家族間で共有できる「繰り越し共有サービス:パケットギフト」です。

このサービスはいわばキャリアで言う「家族割」にあたるものです。

使用月によって、パケットをたくさん使う月や逆に使わない月があります。

mineoを使う家族や親しい友達に余ったデータ容量を分けられるので、
家族で利用する人にもmineoのプランは優しいということができます。

mineoはプランがたくさんある

UQmobileはプランが2つしかないのですが、
mineoはプランを細かく設定できます。

主に1か月に使用するデータ使用量によって値段が変わりますが、
500MB、1GB、3GB、5GBから料金を選ぶことができます。

もしも月に使う大体の目安がわかっているとしたら、
容量のプランをピンポイントで選択することによって無駄を省けます。

一般的に、1か月に使う容量が3GB以下の人がスマホユーザーの90%だそうです。

しかしプランは途中でも変更できますので、
申し込み時には大体の目安でよいと思います。

目安は、全く使わない人は500円プラン、ウェブやSNSをよく使う人は3GBが良いでしょう。

UQmobileを選んだほうがいい人

  • とにかく回線は速い方がいい
  • プランを選ぶのが面倒だ
  • 低速でもいいからデータ容量無制限のほうがいい

UQmobileは回線が速い

UQmobileの一番大きな特徴は、au回線を使っているため
他の格安SIMと比べても「回線が安定していて、速い」ことです。

au系のMVNOであればmineoもドコモ系よりかは安定しているかと思いますが、
UQモバイルはTwitterでも「速い」という評価が口コミされています。

au系のSIMの利点と言える「回線の速さ」がUQmobileのウリだと思います。

UQmobileはプランが少なく選びやすい

UQmobileはプランが少ないので選びやすいです。
「電話する?しない?」「高速データ通信がいい?それとも通信量無制限がいい?」
この2つの質問に答えた結果がプラン、という非常にわかりやすいプラン設定です。

これは初心者にもお勧めできる点ですね。

データ容量どれくらい使っているかわからないし・・・という方多いですし。

プランが4つですが、上の質問に答えて好きなプランを選ぶといいと思います。

でもUQモバイルの最大の利点「高速データ通信」を使いたいと思ったら
高速データ通信で「データオンリーSIM」か「音声通話SIM」を選んだほうがいいと思います。

パケット無制限プランを選ぶとしたら、mineoでいいと思います。

au系格安SIMで唯一のデータ無制限

それでもある人たちは考えたい「データ容量無制限プラン」
データ容量無制限プランはmineoにはないプラン設定です。

au系のSIMで言えば、UQmobileだけが無制限プランを扱っています。

もし「高速データ通信使えなくてもいいからデータ使用無制限がいい!」
ということであればUQmobileです。

無制限プランは通信速度が500kbpsに制限されているので、
動画を見るのは大変なのではないかなと思いますが。

・・・と思ったのですがTwitterでは意外な反応が。

500kbps制限と書かれている割にだいぶ速いそうですね。

こればかりは保証できないので、
「音楽ストリーミングは使えるけど動画視聴は微妙」
と考えていたほうがよさそうです。

まとめ

私個人で選ぶとしたらmineoを選びますが、
上でも書いたようにUQmobileもいくつかメリットがあります。

「選ぶの大変!」とは思うかもしれませんが、
au系SIMはたった2社ですからドコモ系と比べたらまだいい方です。

それでも迷ってしまった方のために、選び方をお伝えします。

スマホ端末もセット購入したいと思ったら好きなスマホのある方
今のauスマホに挿す予定であればmineo
タブレットorモバイルルーターでSIMカードを使う予定があるのであればUQ mobile

というのが良いと思います。

今は格安スマホといって
mineoでもUQmobileでも新規端末を購入できます。

今使っているauスマホを使わず、格安SIMを使いたくて端末を購入したいということであったら好きな端末がある方を選ぶといいと思います。

UQmobileは高速なので、タブレットやモバイルルーターで使うのが本領発揮できます。
モバイルルーターという言葉がわからない人はおとなしくmineoでいいと思います。

au系のスマホを流用して使いたい場合は,mineoが良いでしょう。

具体的なau系SIMの使い方。

実際に使うには、auユーザーがMNPをする方法と、新規での契約があると思うので順番にご説明いたします。

auからMNPで乗り換える

①auショップでMNPをするための予約番号をもらいましょう。

ネットで申し込む場合は、auのこちらのページからMNP移転の予約番号をもらえます。
電話の場合は、「0077-75470」までTELしてみてください。
受付時間は9時から20時までですが、音声で対応してもらえるのでスムーズだと思います。

MNPの予約番号の有効期間は発行日を含めて「15日間」です。理想としては、発行して番号を手に入れたらすぐに手順②の手続きを踏むことをお勧めいたします。
すぐにやらないと、とったばかりのMNP予約番号であっても不備が出てくることがあります。

②その後、入手したMNP予約番号を使ってUQmobileかmineoのページから契約します。

契約するときにMNP予約番号を入力できる欄があるので、そちらに①で入手した番号を入れてください。
この時には、SIM単体で契約することもできますし、格安スマホとセットでも構いません。

ただ、注意してほしいのがMNPで格安SIMへ乗り換えを検討している場合、必ず「音声SIM」を選んでください。
データSIMを契約してしまうと、090/080の番号をもらうことができないので、番号乗り換えの手続きを踏んだ意味がなくなってしまいます。

auのスマホをすでに持っていて、そのスマホでau系の格安SIMを使う場合は、リセットなどする必要がなくキャリアをauからau系の格安SIMに変えるだけですぐに使い始めることができます。

auのスマホでUQmobileやmineo(au版)を使うとき、もしその機種がVoLTE(高速通信規格)対応の場合、SIMロック解除をしないと格安SIMは使うことができません。
2014年冬くらいからVoLTE対応機種が発売されているので、2014年後半以降にスマホを買っているとしたら機種名で検索して、VoLTE対応機種か調べてみてください。

もし対応していたとしたら、「購入から180日経過後」であればauショップでSIMロック解除をしてもらえます。
2014年以前のスマホであれば、SIMロック解除をしなくてもau系格安SIMであればすぐに使い始めることができます。
※格安SIMでもテザリングは可能です。au版のiPhoneは未対応との情報が出ています。

auのスマホを持っていて、au系の格安SIMを契約する!と決意が固まった場合は公式サイトからウェブで契約が可能です。

その際に注目してほしい点がいくつかあります。1つ目はSIMのサイズです。

今使っているスマホにどのサイズのSIMが対応しているか、まずはチェックしてみてください。
SIMの大きさには3種類あります。
①Apple系や一部のSony端末で使われている「nanoSIM」というものが一番小さいものです。
②一番利用率が高いのが「microSIM」という大きさです。
③現在はあまり使われていない一番大きいサイズが標準SIMです。

ではどう選べばいいの?ということになるのですが、一番安全なのは一番小さいnanoSIMを選ぶことです。
一番小さいものを選んでおくと、あとから融通が利きます。(SIMの場合は「小は大を兼ねる、です」)
ただ、iPhoneで使う予定がない場合はしっかりとSIMのサイズを調べておいたほうがいいと思います。
「機種名+SIMサイズ」で検索すると、該当スマホのSIMのサイズがわかります。

注意してほしい2つ目が、キャリアメールの移行です。

auからMNPで番号を引っ越す場合、電話番号は引っ越せますがメールアドレスは引っ越せません。 今まで使っていたメールアドレスは残念ながら処分するしかないので、新しいメールアドレスを取得しておくほうがいいでしょう。
いままでauキャリアのメール(@ezweb.ne.jp)しか使っていなかった場合は、それ以外に連絡手段がなくなってしまうと思います。
その場合は無料のメールアドレス、例えばYahooメールとかGmailのメールアドレスを作っておきましょう。
UQmobileもmineoも独自のメールアドレスをすぐ発行してくれますが、今後も移転することを考えると、変わらないメールアドレスを持っておくほうが便利です。

auのスマホを持っていない場合

もしauで購入したスマホを持っていない場合は、UQmobileかmineoで新規で購入することになります。
でも、au系のスマホを持っていないとしたらau系のSIMを使うメリットは「通信速度」くらいしかありません。
実際にUQmobileの通信速度は、「SIMフリーがまるごとわかる本(2016)」というムックの中にも全22プランの中で最も速い通信速度を記録しています。

ただ、対応機種やプランの多さから今はやはりドコモ系のSIMのほうが人気です。
さらにドコモ系のSIM会社でスマホを買ったほうが、機種のバリエーションも増えるのでメリットが大きい気がします。

スマホを新たに購入しなければいけない場合、無理してau系の2社から選ぶ必要がないと思います。
ドコモ系だと今はDTIのSIMなんかが安くておすすめです。

③2営業日ほどでSIMカードが発行されて、5日以内にSIMカードが自宅に届くと思います。その格安SIMカードを使えばすぐに利用が可能です。

この期間を長いとみるか短いとみるかは個人で違うと思いますが、au系格安SIMの場合は、MNP手続き中でも通話とデータ通信が可能です。
そして新しいSIMが来るとすぐに利用が可能なので、不通期間の心配はいりません。

こう見てみると、auからMNPで移転するのは手順としてはシンプルで、不通期間もなく手続きをすることができます。

新規でau系格安SIMと契約する

この場合は、MNPでの手続きより簡単です。

今現在スマホをもっていなかったら、機種とセットで契約して、SIMカード単品でもすぐに契約が可能です。
電話番号が必要であれば「音声プラン」、不要であれば「データプラン」を選択しましょう。
ドコモ系のSIMと契約することもできますが、au系のSIMの魅力としては何度も書いているように回線の速度と安定度でしょう。
ユーザーが少ない分、帯域(通信の未知の広さ)を少人数で使うことができて、高速データ通信が可能です。

契約時に必要なものについては以下にまとめてみました。とはいっても複雑な書類は必要ないので簡単です!

au系格安SIMと契約する際に必要な情報

  • クレジットカード
  • 他社からの番号引っ越しであればMNP予約番号

実際にはこの2点だけです。本人確認書類が必要ともありますが、これは入力した住所に資料とSIMが届くだけで、免許証や保険証などの提示は要求されません。
私も契約してみましたが、自分の名前や住所を入力して、定期的に支払うためのクレジットカード情報を入れるくらいでウェブ上で簡単に手続きできました。

auのiPhoneでUQmobile、mineoは使える?

これ、かなり多い質問なので欄外で答えてみたいと思います。

UQmobileやmineoの公式ページを見ると、この数年に出ているiPhoneの機種「iPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 plus / 6s / 6s plus / SE」は、格安SIMに対応していない・・・とあります。

でも実際には、使ってみたら使えた!という報告が多数上がっています。
UQmobileやmineoの公式では対応していないのですが、「挿したら使えた」という状況なので、ご利用はそれぞれの人に任されている、というところですが…。

そしてiPhoneで使う場合はなぜかデータ通信が不安定になる現象が報告されているようです。
これは、長時間使うことによっての不具合だそうですが、不安定になったらiPhoneを再起動すればまた正常に使えるようになります。
※この1年以内に発売されているiPhone6s以降のモデル(SEを含む)は、問題なく使えます。
しかもiPhone6s以降のモデルはSIMロック解除もできて、解除しておけばau系だけでなくドコモ系の格安SIMも使えるようになり縛られないです(笑)

公式ページを見てみると、iOSのバージョンも関係しているようですが、どの端末でも最新OSの「iOS 9.3.1」で使えているという報告があります。
今後iOSのバージョンアップによって、今使えていても使えなくなる可能性もあるので、格安SIMを使っている場合はiPhoneのバージョンアップは慎重に行ったほうがいいですね。
最新モデルのiPhone6sであれば、au系格安SIMの公式サイトにも正式に「対応」と書いてあるので心配しなくていいと思います。

iPhone4/4sでは対応していない理由は、3G回線しか対応していないからですね。
今のauの通信回線は「4G(LTE)」という規格になっていて、4G回線を受信できるiPhone5s以降の端末であれば使用が可能です。

「ではiPhone5はどうなの?」というところなのですが、もし今使っているiPhone5の回線の部分に「4G」と書かれていれば使用することが可能とみてください。
というのも、iPhone5はプラチナバンド非対応なので、4Gの電波を拾わないからです。でもiPhoneは一応世界共通で受信できる電波も一緒なので、制限がかかっていなければ4G回線をつかむことができるはずなんです。

au系格安SIMを使ってさらに電話代を節約する方法